【コラム】姿勢と呼吸を整える 体幹トレーニングのススメ

姿勢と呼吸を整える 体幹トレーニングのススメ

2017.05.03全身

トレーニングやダイエットについて書かれている本を読むと、必ず出てくる「体幹」というキーワード。
「ふわふわっとならわかるけど、説明できるほどわかっていない」という方、「よくわからないまま体幹トレーニングをしてしまっている」という方とてももったいない事をしています!!
体幹が何なのか、しっかり理解してトレーニングを行うことでさらに効率的にトレーニングでき、効果をより実感できるようになるはずです。

体幹を鍛えるのにおススメなトレーニング

そもそも体幹とは?

「体の幹」ですから、胴体部分になります。体幹とは、人間の身体の頭部と四肢(左右の手足)を除いた部分を指します。
体幹には、身体の表面に近い部分にある「表層筋」と、その内側の深いところにある「深層筋」の2種類があり、アウターマッスル・インナーマッスルとも呼ばれています。
一般的に「体幹トレーニング」と呼ばれるトレーニングは、「表層筋」「深層筋」どちらか、もしくは、両方を鍛えるトレーニングのことです。
※「表層筋」:身体の表面に近い部分にあり、シックスパックのように表面から見える筋肉。
※「深層筋」:内側の深いところにあり、表面からは見えない筋肉。

体幹を鍛えるとどんな良い事があるの?

【体幹トレーニングで基礎代謝がアップ】

体幹部にある筋肉には、エネルギー燃焼力の高い赤筋と呼ばれる筋肉がたくさん存在しています。赤筋は、呼吸や血液循環、骨格や姿勢の維持のために働く、いわば基礎代謝をつかさどる筋肉。つまりここを鍛えれば、基礎代謝がグングン向上し、痩せやすい体に変わっていくと言われています。


【体の軸がしっかりして、姿勢が良くなる】

体幹を鍛えると、軸がぶれなくなってきます。自然と背すじも伸び、綺麗な姿勢をキープできるようになります。
姿勢を正すことで呼吸がスムーズになりますし、内臓を支えている筋肉も鍛えられます。
何もしない場合、内臓を支える筋肉が加齢とともに弱り、下腹がポッコリしてきますが、筋肉を鍛えることで、内臓を正常な位置に戻すことができます。
ふだん意識して使う機会が少ない内側の筋肉を鍛えたいので、負荷が少なく、ゆっくり繰り返し行うエクササイズをお勧めします。

まとめ

体幹を鍛えると基礎代謝UPが期待出来たり、姿勢が良くなる、痩せやすいボディになるなどいいことづくめ★
ダイエットを考えている方、基礎体力をつけたい健康志向の方にとって、鍛えて損の無い筋肉、それが体幹です。