【コラム】全身を鍛えるトレーニング方法3選

全身を鍛えるトレーニング方法3選

2018.02.21トレーニング

ポイントごとの筋トレではなく、より多くの筋肉に作用するトレーニングを行いたい場合は、全身運動のトレーニングがおすすめです。
ポイントごとのトレーニングと同じ時間でも、多くの筋肉を刺激することができるので、カロリー消費も大きく、ダイエット効果も期待できます。

そこで今回は、全身運動のトレーニング方法をご紹介いたします。



全身運動のトレーニング方法とは

全身運動のトレーニングは、一つの動作で多くの筋肉を刺激するので、トレーニング効率を高めることができます。
現代人はトレーニングと並行して、日常の生活もこなしていかなければなりません。
そのため、より効果的で効率の良いトレーニング方法として、全身運動のトレーニングをおすすめします。
では、全身運動のトレーニングはどのようにして行えば良いのでしょうか。



スクワット

スクワットは太ももに効果のあるトレーニングだと思っている人が多いと思いますが、正確には違います。
スクワットは、太ももの大脚四頭筋やハムストリング・お尻といった複数の筋肉にアプローチできるトレーニング方法です。

また、慣れてきたらバーベルなどをかついで負荷をかけることで、上半身の筋肉の強化にも効果があります。
まさに、短時間で全身をトレーニングするには不可欠なトレーニング方法と言えるでしょう。



シーテッドローイング

シーテッドローイングは、ジムで行うことが多いトレーニング法です。
ケーブルマインなどを利用し、背筋を中心にトレーニングを行い、ローイングマシンを利用することで全身運動になるトレーニング方法もあります。

ケトルベルを利用したトレーニング

ケトルベルは、日本ではまだ馴染みの薄いトレーニング器具です。
あのブルース・リーを始め、世界中のプロスポーツ選手がトレーニングに取り入れて愛用している器具で、筋トレはもちろん、体幹やインナーマッスルも鍛えることができます。

≪ケトルベルを使ったトレーニング方法≫
1. ケトルベルを両手で持ち。肩幅よりやや広く足を開きます
2. 両膝を少し曲げて腰を後ろに押し出し、床と上半身が平行になるまで折り曲げます
3. 両腕を完全に伸ばした状態で、ケトルベルを両脚の間に下げます
4. 肩の高さまで上下させ、元に位置に戻す



まとめ

忙しい現代人が身体を鍛えるには、より効率的で効果のある全身運動のトレーニングがおすすめです。
使う筋肉が多いということは、カロリー消費が大きいためダイエット効果も高くなります。
今回は、スクワット・シーテッドローイング・ケトルベルを使用したトレーニングをご紹介いたしました。
自分の目的に合った全身運動のトレーニングを見つけ出し、より効果的に全身を鍛えるようにしましょう!