【コラム】胸回りのストレッチで眠りの質が改善される!?その効果とやり方とは

胸回りのストレッチで眠りの質が改善される!?その効果とやり方とは

2018.02.21ストレッチ

デコルテなどの胸回りは、露出が多く人の目に付きやすいポイントです。
年齢の影響も現れやすく、デコルテや胸が痩せてきたら、女性なら少しショックを受けるのではないでしょうか。
また、デコルテや胸回りは凝りやすく、ストレッチでほぐすことで、眠りの質が良くなり、基礎代謝も上がることが分かっています。

そこで今回は、デコルテと胸回りのストレッチ方法をご紹介いたします!



デコルテと胸回りのストレッチ方法

近年、緊張しやすく呼吸が上手くできなくなる人が増加しています。
例えば、ブラウスを着ると息苦しく感じてしまう人や、胸回りの緊張で肺や横隔膜が上手く機能せず、眠りが浅く、疲れが取れないという悩みを抱えている人が増えています。
この場合、デコルテや胸回りの血流を良くし、コリをほぐすことで症状を改善することができます。


脇伸ばしストレッチ

脇伸ばしストレッチでは、脇を重点的にほぐし、胸回りの緊張をほぐす効果があります。


≪やり方≫
1. 脚を軽くくんで座ります
2. 左手を床に置き、右腕は上に真っ直ぐ伸ばします
3. 息を吐きながら左に倒れます
4. 脇が伸びた状態で息を吸い、一瞬止めた後、吐きます
5. この状態から、痛みを感じない程度にさらに伸ばします。ゆっくり3呼吸繰り返し、反対側も行います



完全呼吸法

眠りの質が悪く、翌日に疲れが残っている人も多いのではないでしょうか。
現代人はストレスにさらされることが多く、交感神経が寝る時にも優位に働いていることから、リラックスした状態で眠れなくなっています。
完全呼吸法は、寝る前に腹式呼吸と胸式呼吸を同時に行うことで、リラックスした状態で眠ることができます。



≪やり方≫
1. 膝を立てて横になり、片方の手を胸の上に、反対の手をお腹の上に置きます
2. 4秒かけて鼻からゆっくりと息を吸い、お腹に溜めます
3. お腹にためた息をそのまま4秒かけて、鼻からゆっくりと息を吸い、今度は胸に溜めます
4. お腹から胸まで空気が詰まっている状態で、4秒間息を止めます
5. 胸に溜めた空気を4秒かけて吐きだします
6. 続いて、お腹に溜めた空気を4秒かけて吐きだします
7. 完全に吐き切ったら1に戻り、6回繰り返します



まとめ

眠りの質が悪く疲れが取れない人や、ブラウスなど窮屈な服を着ると胸が苦しくなる人などは、胸回りがこっているのかもしれません。
今回ご紹介したストレッチと呼吸法は、胸回りのコリをほぐして眠りの質を改善したり、基礎代謝を上げることができます。
「最近疲れが取れないな」と感じたら、まずはご紹介したストレッチと呼吸法を試してみてはいかがでしょうか。