【コラム】効果がでないお腹ダイエットは骨盤の歪みが原因かも!?

効果がでないお腹ダイエットは骨盤の歪みが原因かも!?

2018.02.08ダイエット

お腹ダイエットを頑張って続けても、ぽっこりお腹が改善されないことってありますよね。
実は、骨盤が歪んでいることが原因でお腹がぽっこりしている場合、どんなにお腹ダイエットを続けても効果があまり感じられないのをご存じですか?
今回は、お腹ダイエットを効果的にする骨盤の引き締め方法をご紹介いたします。


骨盤が歪むとお腹がぽっこりする原因とは

私たちの骨盤は上半身を支えるだけでなく、内臓も支えている重要なパーツです。
しかしこの骨盤は、生活習慣によって簡単に歪んでしまうことがあります。
また、女性は出産や生理の影響で歪みやすくなっていることから、女性で骨盤の歪みを気にしている女性が近年増えてきました。


骨盤は朝に向かって閉まり、夜に向かって閉じる傾向があります。
正常な骨盤は開閉を繰り返すことができますが、骨盤が歪むことで開閉ができなくなり、開きっぱなしの状態になることも珍しくありません。

骨盤が歪んでしまうと、内臓を支えることができなくなることで、内臓が本来の位置からズレて下がってきてしまいます。
腸がズレ下がった内臓に圧迫されてしまうことで、便秘をしやすくなることで、ぽっこりお腹を悪化させてしまいます。

また、ズレた骨盤の隙間に脂肪が付きやすくなることで、腰回りの脂肪が気になるようになります。
ズレた骨盤に脂肪が付いてしまうと、子宮や卵巣が冷えてしまい、生理不順や無排卵などのトラブルが起こりやすくなります。


【骨盤を歪ませる生活習慣】
寝る時の姿勢が横向きやうつ伏せ
脚を組んで座るクセがある
正座をする機会が多い
同じ肩にばかり鞄をかける
最近出産した
スマートフォンを操作する時間が長い、等


骨盤の歪みを解消する方法

骨盤は、ほんの些細な生活習慣で簡単に歪んでしまいます。
お腹を引き締めるダイエットを頑張っていても、いまいち効果を感じない人。
腰痛や肩こり、冷え症などに悩むことが多い人は、ひょっとしたら骨盤が歪んでいるのかもしれません。
そこで今回は、骨盤の歪みを解消する方法を3つご紹介いたします。


【骨盤リセットストレッチ】
寝る前にリラックスして行う骨盤リセットストレッチは、寝る前のわずかな時間で簡単に行えるストレッチです。
好きな音楽をかけたりして、リラックスした状態で行いましょう。


<やり方>
1.肩幅に足を開いて立ちます。骨盤を軸に、大きく円を描くように左右30回ずつ回します。
2.次は布団に寝転がって行います。両膝を立てて仰向けに寝転がり、手は体の横に置きます。
3.息を吸って吐きながら、両膝が崩れないように意識しながら足を左右に倒し、10秒キープします。足の重みで体が引っ張られることを感じながら、左右10回ずつ行います。
4.続いて、仰向けの状態から膝を抱えて、おでこが付くように足を寄せます。
背中全体が床に付くように転がります。これを20回程度行いましょう。



【お尻歩き】
骨盤を正しい位置に戻しながら、インナーマッスルを鍛えて基礎代謝を上げることができます。
骨盤矯正以外にも、お腹やお尻のエクササイズとしておすすめです。


<やり方>
1.膝を少し曲げた状態で座ります。
2.骨盤を左右に動かし、前に進みます。
3.前に10歩、後ろに10歩、これを3回行いましょう。

まとめ

お腹ダイエットを頑張って続けても、なかなか効果を感じない人は骨盤が歪んでいるのかもしれません。
骨盤は日常生活の些細なことで簡単にズレてしまうので、骨盤の歪みが気になったら骨盤を引き締める必要があります。
今回ご紹介した3つのストレッチは、骨盤を簡単に引き締めることができます。
ウエストを細くし、ヒップアップにもなるストレッチもありますので、ぜひ試してみてくださいね!